1. 密を避け追福 秋彼岸中日ご参拝

    2020.09.22

    密を避け追福 秋彼岸中日ご参拝

    ご供養はご先祖様を思い起こし文殊殿にてご焼香新コロナ感染防止対策予防処置として、ご来寺の皆様は入り口での“手指の消毒” “マスクの着用”そして“密を避け”ご文殊殿大仏様の御前にてご焼香をお勤め頂きご中日のご供養とさせて頂きました。檀信徒皆様のご理解ご協力を頂き厚く御礼を申し上げる次第です。 さて当山玄関横の“文殊さま”のお傍に植わっている「無花果」に写真の様に実がなりました。アラビア半…

  2. 盆供養・・・ご先祖様を〝思い起こす〟大事な機会

    2020.08.16

    盆供養・・・ご先祖様を〝思い起こす〟大事な機会

     新コロナ感染症はお盆法要にも影響を強く及ぼしました。今後は新型コロナウィルスとの共存も考えられ今年の盆供養は新たな法要の形(スタイル)の模索のひとつとなった次第です。 当山盆施餓鬼並びに塔婆供養が変則的な行事進行で厳修されましたが、本堂での参拝者の密を避ける座席の設定を致しますと、座れる人数にも限りがあります。この事より令和2年の盆法要は座席を用意すること無くご参拝を頂きました。内陣にて僧侶…

  3. お盆行事〝迎え火〟が始まりました

    2020.08.13

    お盆行事〝迎え火〟が始まりました

    オガラを焚き感謝を込めて合掌なされるその姿はご先祖様との絆の確かな深まりの証です 8月13日夕刻、盆の入りの行事〝迎え火〟が当山境内において参加者はマスクを着用し「人と人との距離を取りながら」コロナ対策を実施しつつ開催致されました。 コロナ感染拡大の防止に留意しながらの迎え火になりましたが『ご先祖様との絆を深める事に深く喜びを感じつつ』〝おがら〟をひたすらに真剣に焚かれ、そしてご持参の…

  4. お盆の灯(ともしび)の準備と点検「迎え火と送り火」

    2020.08.2

    お盆の灯(ともしび)の準備と点検「迎え火と送り火」

    8月に入りやっと札幌も夏らしい暑さがやって来ています。しかしコロナ疲れを感じているお方が多く居られる昨今、ご先祖様・亡きご精霊と再会をされそして一緒に過ごされる時間も大切かと。さて当山の「迎え火と送り火」の準備と提灯の試験点灯が行われ盆供養の境内での支度が完了致しました。暦の上では8日「立秋」。8月盆のご供養は13日の盆の入「迎え火」に始まり盆明けの16日にはお寺にご参拝頂きご先祖様・亡きご精…

  5. 恒例 心を込めて『迎え火・送り火』のご案内

    2020.06.21

    恒例 心を込めて『迎え火・送り火』のご案内

     6月も下旬になり8月盆の準備の時期となりました。皆様がお待ちかねの盆行事「迎え火と送り火」を下記の通り開催致します。ご家族お子様連れで、また地域の皆様もお子様とご一緒にお気軽にご参加下さい。ご自宅へ迎え火の火種を持ち帰りのお方は手持ち提灯など安全に火種を運べる用具をご持参下さい。持ち帰られた灯をご仏壇のローソクにうつされると炎が輝き出します。 ご先祖様が戻って来られるこの4日間は丁重…

  6. 春季大祭・新コロナ早期終息を祈願

    2020.06.7

    春季大祭・新コロナ早期終息を祈願

    6月7日“無参拝者”(当山役員6名代表参拝)での大祭ではありましたが、世界と日本国の速やかな“新コロナ終息”を祈願すると共に檀信徒並びに多くの人々の“無病息災・七難即滅”をご祈願申し上げた次第です。 必ずや新コロナは終息に向かい一同この悪難を乗り越え平安な生活へと戻ることが出来ると信じるものであります。皆様もそれぞれ日々にあって“願いそして祈る”生活を少しずつでも積み重…

  7. 春季大祭法要中止について

    2020.05.26

    春季大祭法要中止について

    6月7日厳修予定の「春大祭法要」は新型コロナウィルス拡大防止の為、中止させて頂く事と成りました。春彼岸中日法要と同じく「無参拝者」での寺内僧侶による法要となります。皆様には大変でご迷惑をお掛け致しますが何とぞご理解下さいます様お願い申し上げます。当日は護摩供養を修しコロナの退散を願うと共に皆様の「健康と安全」をご祈念申し上げる次第です。 5月25日政府より新コロナ緊急事…

  8. こんな時ですので

    2020.05.12

    こんな時ですので

     札幌市では珍しいと言われるしだれ桜が満開になりました。ちょっと変わった咲き方の枝垂れです。コロナ疲れのお方にほんの少し安らぎを。疲れた心に少しでも癒す事が出来たなら幸いです。体調管理を万全に「うがいや石鹸による手洗いそしてマスクの着用」 …

  9. 2020.04.7

    北海道は「緊急事態宣言」を辛うじて免れましたが。

     コロナに当惑される日々の中で、当人も気が付いていないコロナ保菌者が存在する事を知りながらも、否応なしに身の危険を感じつつも為す術もなく生活が制約されていく今日です。今北海道では「緊急事態宣言」前後より既に次のような人の動きが多くなりつつあります。 関東方面よりの避難目的の長期滞在旅行者の流入。関東方面の大学生の長期休講による帰省等々。来道の方々がコロナの保菌者でないことを切に只々願うことしか…

  10. 2020.03.22

    「無参拝者」 春彼岸中日法要おつとめ終える

     当山檀信徒の皆様より郵送頂いた❝塔婆供養❞のお申込みはもとより❝永代経供養❞等の諸供養も無魔勤めさせて頂きましたことをご報告申し上げます。 この度は檀信徒のご参拝無しでの中日法要となりましたこと、誠に心苦しく存じ上げる次第です。 しかしこれ以上コロナウィルスが拡散することなく収束に向かうことをご祈念いたした次第です。 何卒檀信徒の皆様には、まずはご家庭またはお住いの地域でのオーバーシ…

PAGE TOP